T的罰ゲームセリフ1150~1199

01150「ねぇパパ?○○、好きな人ができたの それはね・・・・・・・パ・パ?」

01151「主『おい、めちゃくちゃ雨降ってるぞ。□□帰れるのか?』 凸者『帰れるよ><そんなことより//…こっちは大洪水だよ//どうするの?//』」

01152「○○のこと・・・好き?好きなら・・・食べて♪(色っぽく)」

01153「主「○○がここのハーレムの主だ、○○にひぃひぃ言われてしまえ」凸者「何を言ってるのかしら?逆に○○が言わさせてあげますよ?」」

01154「凸者「誰か○○と恋人になってくれる人はいないのか・・・?」主「きゃー○○なる」凸者「いや、○○がなる!」主「じゃあ○○は税理士になる!!」」

01155「○○の穴なら空いてるぜ//あ?なんだよ。なんで□□がケツ出してんだよ//ああ。いれてほしいんだな?いい声で鳴かしてやるよ!」

01156「凸者「誰か○○とポッキーゲームしよう♪(無邪気に)」主「フェンディ先輩○○としてください」凸者「最後まで食べちゃうけどいいのかな?(色っぽく)」

01157「主「ただいまー」凸者「どこに行ってたんだい?離れないでずっと、○○のそばにいろよな」

01158「もっと腰使えよ、淫乱。」

01159「もうぐちょぐちょだよ」 

01160「□□の愛が溢れてくるよ」

 スポンサードリンク

01161「このままだと○○から入れてっておねだりしちゃうよぉ」

01162「ほら、 ゛好き"って言えよ.」

01163「嫌じゃねぇのに拒否んなって.」

01164「やめて欲しい?いいよ。・・・・・・・。なんて、言うわけないでしょ。下○○は下○○らしく、やられてればいいんだよ。」

01165「□□・・・、○○に命令するなんていい度胸だね。何様なわけ?□□ごときが○○に逆らえるわけないでしょ。」

01166「語尾に、{わんにゃんウサ脳髄グシャ}」

01167「鳴かぬなら、鳴かせて見せよう、ホトトギス」

01168「鳴かぬなら、鳴くまで待とう、ホトトギス」

01169「なァ…□□、○○に黙ってどこ行ってたんだ??○○が知らないとでも思ったのか?…□□のことなんてなァ、全部分かってるんだよ。ちゃんと言うこと聞くように“お仕置き”してやるよ。」

01170「□□のその泣き顔…なんかそそるな。いつもの勝気な□□とは別人みてえだ。…可愛いって言ってんだよ。反論は認めねえ。…いいから黙って抱かせろよ。」

01171「あァ?今更何言ってんだ。□□は○○様の玩具(オモチャ)だろ?…愛してるぜ。ずっとずっと可愛がってやる。○○様が飽きるまでずっと、な・・・。分かったらこっちこい。たっぷり可愛がってやるぜ…。」

01172「おい、分かってんのか…?□□は○○から逃れられねえんだってこと。…もう、○○ナシじゃいられないハズだぜ?確かめてみるか?○○ナシじゃいられないってことをよォ…。」

01173「□□が他の男を気にしてるなんざ、もうガマンできねぇ……。いますぐ□□を犯す。」

01174「たとえ、これから□□に恐怖や憎しみの目で見られても構わねぇ。□□は今日から、○○の存在が気になって仕方なくなる……□□の頭ン中が○○でいっぱいになる……はっ、たまんねぇな……」

01175「○○の物であるというこの現実だけが、□□にとっての真実だ」

01176「この時を待っていた……□□が一人きりになる瞬間を、な……」

01177「いまの○○の立場を分かっているのか? □□は○○の命令に決して逆らえない。絶対服従なんだよ」

01178「□□が○○をどう思っているかなど関係ないんだよ。□□は○○の所有物であり、誰にも触らせない。それだけだ」

01179「初めに言っておこう。○○はSじゃない。…ドSだ。」

01180「ずっと考えていたんだ、□□に似合う言葉を。思いついたよ……ウジ虫、だ。」

01181「□□と初めて会った時は驚いたよ…。虫かと思ったら、人間だったんだから。」

01182「おや、こんな所に水たまりか…○○の靴が汚れてしまう。…ああ、そうだ。□□。そこに横たわりなさい。」

01183「□□を見ていると、安心する。…何故って?こう思えるんだ、どんな人間も…□□よりはマシ、って。」

01184「苦しい? …くすっふざけてるのかなぁ、おにーさん♪あんたが与えてくれた苦しみは…こんなものじゃ足りないでしょう?」

01185「もうお仕舞い?あーぁ、つまんないなぁ……まぁ代わりは幾らでもいるんだけどね^^」

01186「へぇ、そんな顔もできるんだ?さっきよりマシな顔になったよ^^もうちょっとで○○好みになるか…な?…」

01187「ちょっと!アンタ、○○にぶつかっておいて ごめんなさい の一言もないの?許せないわ!まぁ...どうしても許してほしいって言うんなら....そうねぇ....○○の靴の裏でも舐めたら許してあげる。」

01188「なんで踏みつけられてんのにニヤニヤしてんのよ!気持ち悪いわね!このっ!このっ!」

01189「何よ!それがご主人様に対する態度なの!?下○○は下○○らしく○○に従ってればいいの!わかったかしら?」

01190「バカ!変態!鬼畜!ロリコン!この役立たず!これくらいの気遣いもできないんじゃ下○○失格ね!」

01191「はい、お手!よしよし....いい子ね。これからこの○○がたっぷり可愛がってあげるわ!光栄に思いなさい!」

01192「ハァ...疲れたわ....。アンタちょっとそこで○○の椅子になりなさい。よいしょっ....うわっ!座り心地悪っ!アンタってほんと役立たずね。」

01193「地球上の酸素がもったいないから呼吸しないでくれる?もっと地球を大切にしなさいよね!」

01194「フフッ...アーッハッハッハ!人間のクズみたいなアンタをしつけてやった○○に感謝しなさい!」

01195「あら?こんなところにいたの?ごめんなさい....ゴミだと思ったから気付かなかったわ。」

01196「…ッ!?…ウジ虫が…ッ、喋った…!」

01197「ナメクジに塩をかけると溶けてしまうというのは本当だろうか…。□□、塩を被ってみたまえ。」

01198「ん?煩い蚊だと思ったら、□□が喋っていたのか。」

01199「おや?あのカメムシは、□□の親戚かな。」 

 スポンサードリンク